糖質ゼロなら飲んでもいいの!? 糖尿病とお酒の関係について | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

糖質ゼロなら飲んでもいいの!? 糖尿病とお酒の関係について

どうして糖尿病になるとお酒を控えなければならないのか?

飲酒量の制限が必要になるのか?その理由を考えてみましょう。

お酒の主成分はアルコールです。
アルコール自体には糖尿病の症状に影響する糖質は含まれておらず、血糖値を上昇させる作用はありません。

注意すべきはお酒には糖質を含むものがあるということ。

また、お水はノーカロリーですがお酒にカロリーがあります。
さらにアルコールで低血糖を引き起こすこともあるので気をつけましょう。

たとえ糖質ゼロでも注意は必要
日本酒やビール、ワインはアルコール飲料の中でも糖質を含んでいますが、
焼酎やウィスキーなど〝蒸留酒〟と呼ばれるものは糖質を含みません。

このことから糖尿病患者の方には蒸留酒のほうが良いと言われています。

ただ、蒸留酒であってもアルコール自体にインスリン分泌・感受性を抑える作用があります。

ですから、「糖質が入ってないから大丈夫!」と安心するのはやめましょう。

また、糖質ゼロやノンアルコールのお酒でも注意が必要です。

なぜなら、健康増進法による基準では、
100mlあたり糖類が0.5g未満は「糖類ゼロ(オフ)」、カロリーが20kcal以下なら「カロリーオフ」と表示ができるのです。

成分表示をよく確認しましょう!
飲酒する方は、医師と相談して、飲酒量を守ることが大切です。

<知っておきたい。飲酒で起こる多くの影響>
・お酒による食欲増進作用で食べ過ぎに。食事管理も崩れやすくなります。
・過剰なエネルギー摂取は肥満へ繋がります。
・お酒と一緒に食べてしまう〝おつまみ〟は塩分が多いものが大半。塩分の過剰摂取に注意を。
・アルコールで低血糖を引き起こすことも。
特にインスリン注射などによる薬物治療を行っている場合は、より低血糖を起こしやすくなるため注意が必要です。
・アルコールの大量摂取は、血糖値コントロールにも作用する肝臓の機能障害を起こしやすくなります。

※きちんと主治医と相談しながら、賢くお酒と付き合いましょう。

血糖値が480だった私が、たった3ヶ月で85になった方法

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です