原因は同じところにあった!? 糖尿病と痛風の意外な関係 | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

原因は同じところにあった!? 糖尿病と痛風の意外な関係

〝痛風(つうふう)〟は比較的よく耳にする病名かもしれません。

痛風とは、尿酸が体の中に溜まるとそれが結晶になって激しい関節炎が伴う症状を起こす病気です。

痛風が起きる前には血液の尿酸値が高い症状(高尿酸血症)が続きますが、
放っておくと関節が赤く腫れて驚くほど強い痛みにおそわれます。

糖尿病は高血糖の持続により発症する病気ですが、
痛風も糖尿病も生活習慣から引き起こされることが多い病気という共通点があるようです。

糖尿病と痛風の共通点を知っておこう
痛風(高尿酸血症)と糖尿病(2型糖尿病)は、遺伝的素因<なりやすい体質>が基礎にあり、

それに食習慣やストレスなどの発症しやすい要因が加わって発症する病気です。

よって「生活習慣病」と呼ばれ、過食、お酒の飲み過ぎ、ストレス、
運動不足、肥満など多くの共通点が見られます。

これらの共通点から痛風と糖尿病は併発しやすいとも言われています。

また、「動脈硬化」「腎臓病」の合併症も共通しており、併発している場合は発症率も高くなるので要注意です。

痛風になっているひとは
「耐糖能異常」の確率約50%!?
痛風の患者さんが糖尿病を合併しているのは1割程度ですが、
実は痛風になっているひとの約50%が「耐糖能異常」という糖尿病の一歩手前なのだとか。

「耐糖能異常」とは、インスリンの分泌不足や作用不良などによって生じる血糖値の正常化機構が不良になった状態のことで糖尿病予備軍とも言われています。

痛風も糖尿病も「生活習慣の改善」が治す近道
痛風の予防・治療には生活習慣の改善が大切で、
これは糖尿病にも同じことが言えます。

食生活の見直しや適度な運動をする、ストレスを溜めないなど日々の暮らし方に気をつけましょう。

特に痛風は「プリン体」を多く含む食べ物の摂り過ぎにも注意してください。

<プリン体の多いもの>
・ビール
・煮干し
・鰹節
・干し椎茸
・鶏レバー
・マイワシの干物
・イサキ白子
・豚レバー
・牛レバー
・大正エビ
・マアジの干物
・オキアミ
・マイワシ
・カツオ
・サンマの干物       など

定期的に健康診断を受けて、尿酸値や血糖値が高い場合は精密検査を受けて医師に相談しましょう。

血糖値が480だった私が、たった3ヶ月で85になった方法

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です