糖尿病の薬物治療とは? | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

糖尿病の薬物治療とは?

食事療法と運動療法で血糖のコントロールができない場合は、合併症の発症や進行を抑えるために薬物治療に入ります。今回は薬事治療で使用されることの多い代表的な治療薬と、新薬についてご紹介します。また、実際の服用は必ず医師、薬剤師の指示に従って下さい

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

治療薬の種類と特徴

Ⅱ型糖尿病の方の場合は、「細胞へのインスリンの働きが悪くなる」または「すい臓から分泌されるインスリンの量が少なくなる」ことでインスリンの作用が不足して、高血糖(空腹時高血糖)になります。治療薬には経口薬(飲み薬)と注射薬があります。一般的には経口薬で血糖コントロールが望めない場合は、注射薬を使います。

経口薬(飲み薬)

糖の合成を抑えて血糖値の上限を抑える、細胞に対してインスリンの働きを高めるなどがあり、それぞれが血糖値を下げる働きをしてくれます。様々な状態や原因に合わせてインスリン抵抗性改善系、インスリン分泌促進系、食後高血糖改善系という3種類に分けられます。

経口血糖降下薬の種類

インスリン抵抗性改善系

インスリンの働きが悪くなっている方向けに処方されるお薬です。代表的なものに肝臓での糖の合成を抑えるビグアナイド薬、筋肉や肝臓でのインスリンの働きを高めるチアゾリジン薬などがあります。

インスリン分泌促進系

インスリンの分泌量が少なくなっている方向けに処方されるお薬です。グルカゴン(肝臓の糖の合成を促進するホルモン)分泌を抑えるDPP-4阻害薬、インスリン分泌を促進するスルホニル尿素薬などがあります。

食後高血糖改善系

食後の血糖値の急上昇を抑える目的で処方されるお薬です。より速やかにインスリン分泌を促進する速攻型インスリン分泌促進薬、小腸からのブドウ糖吸収を遅らせるα-グルコシダーゼ阻害薬などがあります。

経口血糖降下薬の特徴と副作用

ビグアナイド薬

お薬の主成分はメトホルミン、ブホルミンなど。肝臓で合成する糖を少なくして、筋肉などでのブドウ糖の利用を促進することで血糖値を下げます。主な副作用としては、低血糖、胃腸障害、乳酸アシドーシス※など。

※乳酸アシドーシス…血液中の乳酸が蓄積して血液が酸性に傾いた状態です。

チアゾリジン薬

お薬の主成分はピオグリタゾン。インスリン抵抗改善薬とも呼ばれており、インスリンの働きを高めて細胞へスムーズに糖を配れるようにする働きがあります。主な副作用は、低血糖、むくみ、体重増加など。

DPP-4阻害薬

お薬の主成分はシタグリプチン、ビルダグリプチン、アログリプチンなど。小腸に働きかけてインスリンの分泌を促すホルモンを出させるお薬です。主な副作用は低血糖と胃腸障害など。

スルホニル尿素薬

お薬の主成分はグリメピリド。すい臓に働きかけてインスリン分泌を促進するお薬です。長く使っていると効果が現れにくくなることもあるようです。主な副作用は低血糖と体重増加。

速攻型インスリン分泌促進薬

グリニド薬とも呼ばれています。こちらもスルホニル尿素薬と同様で、すい臓に働きかけてインスリン分泌を促進するお薬です。「速攻型」とあるように服用から30分以内に効果が現れるため、食事前に服用するお薬です。副作用は低血糖。

α-グルコシダーゼ阻害薬

お薬の主成分はアカルボース、ボグリボース、ミグリトールなど。小腸に働きかけて糖をゆっくり吸収させることで、食後の急激な血糖値の上昇を抑えるお薬です。主な副作用は低血糖やお腹が張るなど。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

主な副作用に低血糖が挙げられていますが、低血糖の症状や原因、対処法はどういったものなのでしょうか。

低血糖

各治療薬の副作用に挙がっている低血糖ですが、自覚症状とその原因、対応方法はどういったものがあるのでしょうか。

低血糖の症状

冷や汗が出る、気持ちが悪くなる、寒気がする、目がちらつくなどです。

低血糖の原因

炭水化物の不足、インスリン量が過剰、運動量が過剰、薬の服用タイミングのずれ、お酒の飲みすぎ、下痢などが原因で起きる可能性があります。

低血糖への対応

飴や砂糖をなめる、ジュースやブドウ糖を飲む、意識レベルが低下した場合はブドウ糖の注射をする必要があります。

注射薬

一般的には、経口薬で血糖コントロールが望めない場合は、注射薬による治療になります。注射薬にはインスリン注射薬とインクレチン注射(GLP―1受容体作動)薬があり、インクレチン注射でもコントロールが望めない場合は、インスリン注射を行います。

インクレチン注射(GLP-1受容体作動)薬

インクレチンというのは消化管から分泌されるホルモンのことです。インクレチンの中にはGLP-1やGLPがあり、両者ともにグルカゴンの分泌を抑え、インスリン分泌を促進する効果を持っています。1日1回もしくは2回の注射で血糖をコントロールすることになります。

インスリン注射

インクレチン注射でも血糖コントロールが望めない場合は、インスリン注射を行うことになります。注射後効果が現れるまでの時間とピークになる時間、持続時間が異なります。すぐに効き始める超即効型(すぐに効き始め約30分でピークをむかえて、3~5時間持続)やピークはなく24~28時間持続する持効型などもあります。医師と相談の上、処方してもらうのが良いでしょう。

まとめ

□ 運動療法、食事療法で改善されない場合は薬物療法を実施する

□ 薬物療法は飲み薬から始めることが多く、血糖コントロールが望めない場合、

  注射薬となる

□ 医師や薬剤師の指示に従い、用法用量を守って正しく使用する

薬物療法は食事療法、運動療法と併用して実施されるものです。1日3回バランスの取れた食事、疲れない程度の適度な運動、用法用量を守って血糖をコントロールしましょう。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です