種類別!糖尿病の原因や治療 | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

種類別!糖尿病の原因や治療

近年、患者数が非常に多いことから、国民病ともいわれるようになった糖尿病ですが、その数は減るどころか年々増加し続けています。

厚生労働省の「糖尿病実態調査」「国民健康・栄養調査」によれば、1997年の「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性を否定できない人」は約1370万人でした。

2002年は約1620万人、2006年は約1870万人、2007年には約2210万人にまで増加しています。

もはや成人の約6人に1人は糖尿病もしくは糖尿病予備群とまでいわれています。

糖尿病とは、血糖値がいつも高い状態にある病気です。

なぜ、血糖値が高いといけないのでしょうか。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

高血糖が身体に与える影響

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度をいいます。

食事をとると健康な人でも血糖値は上昇しますが、膵臓から分泌されるインスリンが作用して血液中のブドウ糖の濃度を一定に保ってくれます。

しかし、糖尿病の場合にはインスリンが不足しているか、もしくは分泌されないので血液中にブドウ糖が残ってしまい、常に高血糖状態に陥ることになります。

高血糖状態が続くと、白血球の働きが低下して感染に対する抵抗力が弱くなってしまい、同時に細菌の繁殖を促します。

そのため、肺炎や気管支炎、膀胱炎、歯周病等にかかりやすくなります。

また、動脈硬化を促す原因としても糖尿病があげられています。

ただし、動脈硬化については他にも脂質異常症や高血圧等の要因が関係してきます。

この他にも糖尿病そのものよりも怖いといわれる合併症があります。

さまざまな合併症は、高血糖の状態が何年も続くことによって血管が痛み、神経、目、腎臓等の機能を少しずつ低下させるために起こる症状です。

参考:糖尿病と合併症

糖尿病は高血糖状態が続くことにより全身の機能が少しずつ麻痺していく病気ということもできます。

糖尿病は一つではない

糖尿病にはいくつかの種類があります。

同じ糖尿病との名がついて、症状も似通っていても糖尿病の種類が違えばまったく別のものと考えたほうがいいでしょう。

当然、それらの病気の原因や治療法も異なってきます。

ここでは、子どもがなりやすい1型糖尿病、働き盛りがなりやすい2型糖尿病と、妊婦さんがなる妊娠糖尿病の症状と対処の仕方について紹介します。

子どもや若い人に多い1型糖尿病ですが、痩せた人にも発症することがあります。

発症の仕方には2種類あり、一つは自己免疫異常によるもので、ウィルス感染が引き金となって免疫システムに異常が起きます。

もう一つは、原因不明の突発性といわれるものです。

1型糖尿病はインスリンを分泌するすい臓のβ細胞が破壊されてインスリンが不足することによって起きる病気です。

症状としては、はじめは熱やのどの痛み等の風邪のような症状で、急激に進行するものもあれば徐々に進行するものもあります。

1型ではインスリンが足りないので、外から補給する治療を行う必要があります。

具体的にはインスリン注射を一日に数回する治療を生涯続けていくことになります。

1型糖尿病は糖尿病全体の3~5%と患者数が少ないので、たとえば1型の子どもが孤独を感じてしまうことも考えられます。

そうした時には、日本糖尿病学会が開催している1型糖尿病の子どもたちのためのイベントやキャンプに参加してみるのもいいかもしれません。

働き盛りの40代以降に多いのが2型糖尿病です。

2型糖尿病は生活習慣病ともいわれ、偏った食生活や運動不足、ストレス等が原因で起こります。

症状は、喉が渇いて頻繁に水分を取らないと落ち着かない、トイレの回数が多く、尿の量も多い、尿から甘いにおいがする等があります。

高血糖状態が続くと、からだが糖を排出しようとするため、尿の回数、量ともに多くなります。

また、尿に糖が混ざることがあるので甘いにおいを感じることもあります。

このように、尿から糖が排出されてしまうのでエネルギー不足になって食べても食べても痩せていくのも2型の症状のひとつです。

治療には運動療法、食事療法とあわせて飲み薬を使用することもあります。

2型糖尿病は早く気づいて治療することが何より重要です。

手遅れになる前に、気になる症状がある場合にはすぐに受診しましょう。

定期的な健康診断も糖尿病に気付くためには有効だと思います。

妊娠をきっかけに発症するのが妊娠糖尿病です。

妊娠中はインスリンの働きを抑えるホルモンが胎盤でつくられるので血糖値が上昇しやすくなり、糖尿病を発症したり、以前から糖尿病の人は症状が進行したりすることがあります。

妊娠糖尿病は赤ちゃんにもさまざまな影響があります。

例えば、胎児の先天性異常や発育不全等で、胎児死亡も考えられます。

妊娠糖尿病は進行するまで症状がないことが特徴です。

糖尿病の家族がいる人や、高齢出産、急激な体重増加や強度の尿糖陽性の場合には注意しましょう。

治療は食事療法と運動療法が基本です。

糖尿病になっても普通の生活は送れる

糖尿病には原因不明で防ぎようがないものもありますが、ほとんどの場合には生活習慣の見直しにより予防が可能です。

適度な運動と規則正しい食事を取り入れて、健康的な生活を心がけましょう。

まとめ

□ さまざまな合併症は、高血糖の状態が何年も続くことによって血管が痛み、神経、目、腎臓等の機能

□ 1型糖尿病はインスリンを分泌するすい臓のβ細胞が破壊されてインスリンが不足することによって起

□ 2型糖尿病は生活習慣病ともいわれ、偏った食生活や運動不足、ストレス等が原因で起こる病気

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です