私って糖尿病かも? | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

私って糖尿病かも?

糖尿病は、血液中の糖の濃度が高い状態が継続する病気です。

戦後の食糧難の時代には、お金持ちがなる病気でしたが、食べ物があふれている現代では誰もがなりえるものとなりました。

食糧事情だけでなく、車や家電製品の普及によって人々の生活スタイルが変化したことも糖尿病が広まった大きな要因のひとつです。

つまり、糖尿病は高カロリーの食事と運動不足から発症する生活習慣病の一種ということができます。

もちろん、糖尿病の種類はいくつもあり、その全てがそうした原因によるものではありません。

たとえば、ウィルス感染等がきっかけで自己免疫に異常が起こることから発症する1型糖尿病や、何らかの遺伝子異常で起こるもの、妊娠によって発症する妊娠糖尿病があります。

しかし、糖尿病全体の90%以上が食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスといった生活習慣と肥満が結びついて起こる2型糖尿病といわれるものです。

飢餓で子どもが生きられない国がある一方で、日本のように飽食で肥満や糖尿病が蔓延する現実を何とかできないものかと思いますが、2006年に国際糖尿病連合の要請により、毎年11月14日を世界糖尿病デーとすることが決まりました。

糖尿病の予防、治療、啓蒙に関するイベントが活発に行われ、糖尿病に対する理解が進んでいるところでもあります。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

放置していると取り返しのつかないことに…

2007年の時点で日本の糖尿病もしくは糖尿病予備群の人は、約2210万人にも及びますが、そのうち治療を受けている人は約半数しかいないと指摘されています。

糖尿病は自覚症状があまりないために、放置している人が非常に多いことが大きな問題となっています。

糖尿病は進行してしまうと、合併症が起こり、生活に支障をきたすほどの恐ろしい病気です。

その反面、日頃から予防すれば発症を防ぐことができますし、発症したとしても早めに気付いて症状が軽いうちに治療すれば健康な人と何ら変わりない生活をおくることができます。

糖尿病の比較的初期に出る症状としては、お腹がすいて異常に食欲があるのと喉が渇くことです。

空腹を感じやすいのは、血液中に糖がたまり、もはや糖をエネルギーに効率よく変換することができなくなっている結果、からだがエネルギー不足となるためです。

食べても食べても満足感を得ることがなく、からだは筋肉が落ちて痩せていくのが特徴です。

喉が渇くのは血液中にたまった糖を排出しようとして、水分を欲するようになるからです。

喉の渇きは強烈で、水分を常にとらないと落ち着かないといった状態です。

水分を大量にとるので、頻尿や尿量の増加もみられます。

こうした、比較的初期の症状を放置していると、やがては食欲もなくなり、水分ばかりをとるようになります。

その一方で、頻尿や尿量増加の症状は依然として見られるので、からだは脱水状態に陥り、昏睡を起こすこともあります。

とくに2型糖尿病は症状が出ないまま徐々に進行していくため、発病時期がわかりにくいといわれています。

高血糖であっても、まったく症状が出ないということもあり得ます。

ここで紹介したような自覚症状があれば早急に病院で検査を受けるべきですし、そうでなくとも、定期検診を受けたほうが糖尿病をはじめとした生活習慣病の予防になります。

検査ではOK!でも油断はNG!!

病院で検査を受けて糖尿病でなかったとしても安心するのは早いです。

糖尿病と正常の間には境界型というのがあります。

空腹時血糖値が110mg/dl~126mg/dlまたはブドウ糖負荷後2時間値が140mg/dl~200mg/dlの場合には境界型と判断されます。

糖尿病ではないけれど、正常でもないという人たちで、糖尿病予備群ととらえることもできます。

つまり、今は症状が出ていなくても、生活を見直さない限り将来的には糖尿病になるということです。

糖尿病予備群の人が糖尿病に移行する確率は正常な人に比べて、5~20倍ともいわれています。

ちなみに、2008年から日本糖尿病学会によって新しく「正常高値」という区分ができました。

空腹時血糖値が100mg/dl~109mg/dlの場合には「正常高値」にあてはまります。

境界型はもちろん、正常高値の人も糖尿病にならないためには生活習慣の見直しが不可欠です。

医師の指示に従い健康的な生活を心がけましょう。

まとめ

□ 糖尿病は自覚症状があまりないために、放置している人が非常に多いことが大きな問題となっています

□ 糖尿病は進行してしまうと、合併症が起こり、生活に支障をきたすほどの恐ろしい病気

□ 病院で検査を受けても協会型というのがあり、糖尿病予備軍ととらえることもできます。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です