糖尿病改善のために気を付けたい食事やおすすめのメニューとは? | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

糖尿病改善のために気を付けたい食事やおすすめのメニューとは?

糖尿病の症状緩和や改善のためには、治療による投薬はもちろんの事、毎日の食事も大切になります。病院などで食事療法について説明を受けたものの、実際の毎日の食事に当てはめるとなると、どのように改善をしたり気を付けて良いか悩んでしまうものです。バランスの良い食事を心がける事が大切だとわかっていても、具体的に気をつけなくてはいけない事などが理解できていなければ、食事療法もうまくいかなくなってしまいます。今回は、糖尿病改善のために気を付けるべき食事内容や、おすすめのメニューについてお話ししたいと思います。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

糖尿病改善のために気を付ける食事法とは?

糖尿病は体内のインスリンが十分に作られなかったり、うまく作用されないなどといった理由で、体の疲労感や手足の痛みといったさまざまな症状を引き起こします。これにより、血糖値が高くなってしまう症状を起こしてしまうのです。高血糖は体調不良だけではなく、合併症や動脈硬化などを引き起こす原因となるため、対策や治療が必要になってくるのです。

糖尿病改善のためには、1日3食必ず食事をとることが大切です。もちろん食べ過ぎは禁物です。自分に必要なカロリー分の食事をバランスよくとるように心がけます。昼に食べすぎてしまったからといって、夜食事を抜くなどといった行動はNGです。食事を抜くことによって、血糖値が下がってしまい低血糖状態に陥る危険性が高まります。また、朝食を抜いた状態で昼食を食べる事で、血糖値が急に上がってしまうといった結果を招いてしまう場合もあるため注意が必要になります。

糖尿病の改善に効果的な食事とは?

糖尿病を患っている場合に限らず、食事は1日に30品目を取ることが理想とされています。しかし、摂取できるカロリーにも制限があるため、なかなか理想通りにはいかないものです。バランスの良い食事が大切だとわかっていても、具体的にはどうすればよいかわかりにくいものです。基本的には、お米やパンのような主食と主菜、そして副菜に汁物と、摂る形は一般的な食事と同じです。ここで工夫をしたいポイントとしては、血糖値の上昇が穏やかな食材を必ず食事に取り入れるという事です。野菜類は血糖値の上昇が緩やかな食材になりますので、野菜を先に食べてからご飯を食べるようにすると、血糖値の急な上昇を抑える事ができます。

いくらバランスの良い食事でも、たくさん食べるとあっという間に目安のカロリーを超えてしまうので注意が必要です。とはいえ、食事制限をしている場合は、食事の量が少ないためすぐにお腹が空いてしまう事でしょう。このような場合は、カロリーが少なく食物繊維が豊富で、満腹感を得られやすい食材を選ぶとよいでしょう。このような条件に合いやすい食材としては、キノコ類や緑黄色野菜、海藻、大豆食品などになります。ご飯も、通常の精白米よりは発芽玄米や押し麦入りなどがおすすめです。特に玄米はカロリーこそ、白米と同じ程度ですが、消化吸収に時間がかかるため、血糖値が上がりにくいといわれているのです。

糖尿病の食事療法でおすすめのメニューは?

ここではご自宅で簡単に作れるおすすめメニューをご紹介します。

<主食>

2016-06-07_151740①

<主菜>

2016-06-07_151828②

<副菜>

2016-06-07_151854③

<汁物>

2016-06-07_151937④

まとめ

□ 必要なカロリー分の食事を一日3色バランスよく摂るよう心がける

□ 血糖値の上昇を抑える為、野菜を先に食べてからご飯を食べるようにすると血糖値の急な上昇を抑える事ができる。

□ 空腹を避ける為、カロリーが少なく食物繊維が豊富で、満腹感を得られやすい食材、キノコ類や緑黄色野菜、海藻、大豆食品などを選ぶ

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です