糖尿病の食事にはどのような制限があるのでしょうか? | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

糖尿病の食事にはどのような制限があるのでしょうか?

糖尿病の症状緩和やインスリン不足や作用不足を防止するためには、毎日の食事が大切です。また、糖尿病の症状を悪化させないためにも、食べる量に注意をしながら、バランスよく食事をとることなどが病院などでも指導されるはずです。糖尿病には、食事にさまざまな制限がつくというイメージがあり、自宅で毎食つくるのはとても大変そうだと思われる方が多いようです。食事をするうえで、「あれがダメ、これがダメ」というような制限をイメージしている人も多いのですが、実はそうではないのです。今回は、糖尿病治療のために必要な食事の制限ポイントについて整理していきたいと思います。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

糖尿病では食べるものや食材を制限するのではない

糖尿病の治療のための食事制限や食事コントロールで勘違いされがちなのが、特定の食材などを制限するものだと思われがちだという点です。しかし、糖尿病の食事制限においては、禁忌とされる食材は特になく、実際は何を食べても問題はないとされています。とはいっても、好きなものを好きなだけ食べても良いかというと、そういうわけでもないのです。理想としては、さまざまな食品をバランスよく食べる事ですが、それでは結局いつもの通常食と何ら違いがありませんよね?もう少し掘り下げて説明していきましょう。

まず制限をするべきポイントは1日の摂取カロリー

先ほどもお話ししたように、糖尿病の治療においては栄養バランスを考えて食事をすることが大切です。そのうえで、1日に摂取できるカロリーの上限を上回る事のないよう、食事の量をコントロールしていく必要があります。「食べ過ぎない」というと、それはあくまでも食べる人の感覚でしかありません。糖尿病の治療においては、1日に接種する食事量の制限をしていくのです。カロリー制限ともいいますが、これは人それぞれで上限が異なります。また、同じカロリーでも満腹感は異なりますので、調理方法や使用する食材などで工夫さえすれば、そこまで難しいという事もなく、食べる側からしてもびっくりするほど質素な食事となるわけではありませんので、心配はありません。

血糖コントロールをするための糖質を制限することも大切

食事量の制限をしながら、糖尿病の治療に効果的な食材を選んでいくことも大切です。まず気を付けたいのは、血糖値の急な上昇を抑えることです。食事のとり方によっても、この血糖値の上昇をコントロールすることは可能ですが、実は糖質を制限することによっても可能になるのです。いわゆる「糖質制限」を行うことによって血糖コントロールをするという考え方ですね。同じカロリー分を摂取するのであれば、極力糖質の少ないものを口にして、血糖値の上昇を抑えるという考え方の、食事療法のひとつの方法になります。近年、流行している低糖質ダイエットや糖質制限ダイエットなどは、この糖質制限食からきているともいわれています。実際、糖質を制限した食事療法は、糖尿病の改善につながったとの結果もあるため、糖尿病を患っている方はもちろん、予備軍と呼ばれる人や健康を気にする方にも人気となっています。

食事制限を意識することも大切だがバランスが最も重要

ただし、あらゆる糖質をとことん制限してしまうなどの制限や、ストイックなまでの糖質制限には、他の疾病のリスクも含んでいるともいわれています。糖質を全く摂らなければ糖尿病が治ってしまう…と考えて取り組むのは、少々乱暴な考え方です。大切なのは、バランスのとれた食事を摂る事です。どの栄養素も、体にとっては必要となるものです。完全にカットしてしまうと、どこかでバランスを崩してしまいます。制限というと、食べてはいけないとか、食べるとよくないというイメージがついてしまいがちですが、決してそういうわけではありません。糖尿病の改善や症状緩和につなげるための食事制限においては、「控えめにする」「全体のバランスからみて、偏らないようにする」などを意識して、食事を摂ることが大切なのです。

まとめ

□ 糖尿病では食べるものや食材を制限するのでなく、一日の摂取カロリーを守って食べる

□ 血糖値の急な上昇を抑える為、食事のとり方「糖質制限食」で血糖をコントロールする

□ 食事制限においては、「控えめにする」「全体のバランスからみて、偏らないようにする」などを意識する

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です