糖尿病の食事制限によるストレスにはどのように対応するべきか? | 糖尿病とは?症状から予防(食事、運動)について知る

糖尿病の食事制限によるストレスにはどのように対応するべきか?

思う存分食べることができなかったり、好きなものを口にすることができないような生活は、当然ながらストレスがかかってくるものです。糖尿病の食事療法においても、同じようにストレスがつきものです。これは、仕方がない事と考えている方もいるようですが、実は糖尿病患者にとってストレスは治療の妨げにもなりうる、大きな問題でもあるのです。今回は、糖尿病の食事制限によるストレスや糖尿病との関連性、その対処法などについて見ていきたいと思います。

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

ストレスは糖尿病の原因にもなりうる

そもそも、人はストレスがかかると脳内からさまざまなホルモンが分泌される仕組みになっています。実は、このホルモンの分泌が増えると、血糖値の上昇につながってしまう事がわかっているのです。このため、日々ストレスを多く感じる人ほど、糖尿病を患いやすい傾向にあるともいわれており、糖尿病の原因ともなりうるのです。こういったストレスは、糖尿病の治療過程でもかかってくるものです。毎日の食事制限も、大きなストレスとなる事でしょう。お腹は常に満たされず、毎食ごとに細かい計算をしなくてはならないという環境は、慣れている人にとっても大きなストレスとなるのです。また、食事制限だけではなく生活においてもさまざまな制限や気を付けるべき点が増えたり、周囲に気を使う事も増えるためストレスが増える傾向にあるのです。

強いストレスは糖尿病の症状の悪化につながる

強いストレスがかかると、血糖値が上昇することは先ほどお話しした通りです。糖尿病を患っていないかたでも、ストレスがたまってイライラしたら、甘いものが食べたくなったり、お酒を飲みたくなってしまいますが、糖尿病患者であっても同じ気持ちになります。そのため、毎日の食事制限のつらさから解放されたくて、ついつい甘いものに手を出してしまうなどをしてしまう事も少なくありません。他にも、ストレスが原因で集中力がなくなり、食事のカロリー計算もおざなりになってしまう場合もあります。だんだんと、食生活が乱れ、生活リズムも崩れてしまい、糖尿病の悪化につながっていってしまうのです。

糖尿病患者がストレスをためないようにするには?

糖尿病患者がストレスをためないようにしながら、上手に食事制限を続けていくにはいくつかコツがあります。まずは、我慢している気持ちを内にためないようにすることです。我慢に我慢を重ねていくと、どうしてもストレスも同様に重なっていきます。そうなってしまう前に、友人や家族などに気持ちを伝えて表に出していくことが大切になるのです。

食べたいものが食べられないと、恨み節も出てしまうかもしれません。しかし、ストレスをこらえてイライラして周囲に当たってしまうよりは、よっぽど良い事です。気持ちを言葉にすることで、前向きになれる事もありますので、なんでも話せるようにしておくことが大切でしょう。また、自分自身のストレス発散法を見つけておくことも大切です。趣味や遊びなど、食べること以外で、少しでも気持ちが晴れるようなことを見つけておくのも良いでしょう。

適度運動はストレスの解消にも効果的

適度な運動をして体を動かすことは、ストレス発散にも効果的です。また、糖尿病患者にとっては、適度な運動も症状の改善につながるためおすすめです。しんどい場合などは、無理に過度な運動をする必要はありません。気持ちの良い公園や河川敷などをゆっくりと歩くのだって立派な運動になります。このような軽い運動を行うだけでも、ストレス解消へとつながっていくのです。

食事制限のためのメニューを考えるのをやめる

食事のメニューを考えるのがストレスになるなら、いっそ考えるのをやめるというのも一つのストレス対策になります。糖尿病向けの食材を宅配してくれるようなサービスを利用したりするだけでも、気持ち的に軽くなるものです。また、糖尿病向け料理のレシピ本などを活用すると、あらかじめカロリーがわかるので、計算の負担も軽減することが可能です。このように、カロリー計算や献立を考えるストレスを軽減させるという方法はいくつかありますので、試してみることをおすすめします。

まとめ

□ ストレスが溜まるとイライラして、甘いものが食べたくなったり、お酒を飲みたくなったりつい手を出してしまう

□ 趣味や遊びなど、食べること以外で、自分自身のストレス発散法を見つけておくことが大切

□ 適度な運動をして体を動かすことは、ストレス発散にも効果的

糖尿病を3ヶ月で克服した方法はこちら。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です